ウィリアムヒルブックメーカーでサッカーの応援

よくサッカーなどをテレビ放送していますが、
私は現地で応援することをします。
時間があるが行く金がないときは
ウィリアムヒルブックメーカーで見ています。

テレビだとしっかりと全範囲見れることが
利点だと思いますが、現地での応援とはまた違います。

その違いとは、観客から伝わる熱さです。
それもサポーター席から伝わる熱さは
テレビではわからないことだと思います。

テレビで見ているとパスが通ったり、
ゴールの瞬間まではっきり見ることができます。

それは応援することの何よりの楽しさです。
しかし、応援に行くとはっきりと見えるとこまでいきません。
実際サポーター席に座ると相手のゴールが一番遠くに位置しますので、中々見えません。

それでもボールがゴールネットに当たれば揺れますので、
その時に入ったのか入っていないのかわかるまでの冷や冷や感もたまらないのです。
またゴールしたときの周りとの共感を覚えます。

隣の人とタッチをしたり一緒に応援していて
ゴールを決める所を見ると誰も関係なく
友達になってしまうというのも応援に行くことの醍醐味だと思います。

しかし、負けた時のショックもかなり大きいです。
テレビを見ていて負けた時はため息をついたり、
今の試合はだめだったな、と思って終わってしまうかもしれません。
ブックメーカーではこのショックが倍になります笑
これをしらない人はここでチェックしておきましょう
ピナクルスポーツ賭け方【サッカー編】

でも応援に行って負けてしまうと、言葉が正直出ません。
それだけ応援に熱が入っていたということだと思います。
中には、野次を飛ばしたりする人も居てますがそれは気持ちの裏返しです。

次は勝ってほしいという気持ちや、なぜ勝てなかったや、
もう少し頑張れたんじゃないかという気持ちが表れてしまいます。
選手の方も頑張った結果が出ているのでそれに対しては私たちから何も言うことはできません。

逆に、負けても称えてあげないといけない部分です。
そういったいろんな気持ちが交差する場所でもあるのです。
誰もが興味があるとは思いません。興味はあるが応援まで熱狂的ではない。

そんな人も居ると思いますが、私的には一度でも
応援に行ってしまうとその雰囲気に醍醐味を感じるのではないかと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ